水回りリフォームガイド » 費用で選ぶ!浴室・浴槽リフォームなび » 浴室リフォームを失敗しないための注意点

浴室リフォームを失敗しないための注意点

浴室リフォームは、大掛かりな水回りのリフォームになりやすいもの。万が一失敗すれば、コストだけでなくライフスタイルにも影響します。浴室リフォームに失敗しないためのポイントをチェックしておきましょう。

浴室リフォームの種類

浴室リフォームを失敗しないためのポイントは、どのようにリフォームしたいのかをハッキリさせておくこと。そのために、浴室リフォームできる種類をあらかじめ把握しておくことが大事です。ここでは、代表的な3種類を紹介します。

・断熱材を加えるリフォーム

お風呂場でよくあるトラブルに、ヒートショックがあります。特に高齢者に多いヒートショックですが、若い人でも脱衣所と浴室の温度差によって、身体に影響を受けることもあるでしょう。その対策という意味でも、断熱材をお風呂場に追加するリフォームは人気があります。断熱材をお風呂場の浴槽や床、壁などに加えることで、お湯に入る前から温かい環境になじめるのです。

断熱材を加えるリフォームは、オプションを付けやすいのも特徴です。例えば浴室暖房機を入れたり、暖房乾燥機を加えたりと、お風呂場で過ごすメリットをどんどん増やせるのが魅力。施工業者によって使用する断熱材が異なるため、あらかじめ確認してから施工を依頼するかどうかを決めましょう。

・在来工法へのリフォーム

在来工法とは、お風呂場以外の部屋に施す方法と同じ作りにすることです。一戸建てや古いマンションなどに多く採用されており、さまざまな素材から選べるのがメリット。防水加工も同時に施されるので、ヒノキやガラスなどの素材でお風呂場作りをするのも夢ではありません。

ただし、断熱性が低くなり、費用がかさみやすいというデメリットもあります。費用や工事期間がどのくらいかかるのか、あらかじめ確認しておきましょう。

・ユニットバスへのリフォーム

従来は多かった在来工法ですが、最近ではユニットバスにリフォームする家庭が増えています。マンションやホテルにもよくある種類で、既に作られた浴槽を浴室に設置するのが特徴です。カプセル状態になったユニットバスは断熱性が高く、防水や機能性も兼ね備えています。掃除も簡単などメリットが多い反面、規格が限定されて選択肢が狭まるというデメリットもあります。

ユニットバスと在来工法を組み合わせたのが、ハーフユニットバスです。床と浴槽にはユニットバスを活かして、壁と天井は在来工法で作っているお風呂の種類です。徐々に人気が上昇している浴室の種類で、高級ホテルなどにも多く採用されています。

浴室リフォームの種類に関しては、住宅の形態や配管などによっても、可能な範囲が異なります。デザイン性に加えて機能性も十分備えた浴室リフォームをするために、あらかじめ十分な知識を身につけておきましょう。

 

浴室リフォームを失敗しないためのポイント

浴室リフォームで失敗しないために注意してきたいポイントを、しっかりチェックしておきましょう。ここでは、ユニットバスにリフォームする場合を中心に紹介していきます。

・資材と施工費は別

ユニットバスそのものは、意外にも低価格な商品があります。こんなに安いならすぐにでもリフォームしたいと思う人も多いのです。ところが、そこで失敗しやすいのが、商品以外にかかる費用です。

場合によってはユニットバス料金のそばに注意書きがあり、施工費用は別とわかることもあります。小さな文字で記載されているためにわかりにくいことが多く、見落としやすいポイントなのです。ユニットバスの資材のみの料金提示なのか、施工費も含めた料金なのかは、忘れずチェックしておく必要があります。

見積もりや下見の際にも施工費用の内訳を確認して、ユニットバスの代金と浴室リフォームの施工費が別途かどうかを確認しておきましょう。特に施工費用は、職人の技術費や出張費などが含まれ、かさみがちになるところです。契約してしまってから支払えないなどということにならないよう、気を付けてください。

・浴室の壁を壊す可能性

ユニットバスの交換リフォームをする場合、意外に見落としがちな工程が、浴室の壁の取り壊しです。壁の取り壊しがあるかどうかは、見積もりや下見、実際の工事の際にも施工業者から告げられるはず。その点を了承するとしても、問題は施工費用です。壁の取り壊しも当然、全体の施工費用に含まれていると思われがち。ところが、壁の取り壊し費用は別途発生するとしている施工業者も少なくありません。浴槽の商品代と施工費をしっかり確認していても、意外な施工費用が増える可能性があることには要注意です。

浴室の壁を取り壊す必要があるかどうかは、ユニットバスのサイズに関係します。壁を壊したくないという場合は、浴槽のサイズに配慮しておきましょう。このサイズなら入るだろうと思っていたものが、実際には入らなかったというケースは珍しくありません。浴槽のサイズにこだわりがあるなら、壁を壊す可能性を前提に考えておいたほうがよいでしょう。もしくは、サイズがジャストフィットの浴槽を探すか、オーダーメイドで浴槽を依頼するといった手段もあります。

・使い心地に気を配る

インターネットで素敵なユニットバスや浴室を見つけて、こんな風に浴室リフォームをしたい、と思う人はたくさんいます。紙のカタログやモデルルームの展示で好みの浴室を見つけて、憧れを抱く人もいます。どのような浴室にしたいかを考えるのも大事ですが、注意しておきたいのは、実際に使用してみて満足できるかどうかということ。

モデルルームを訪れたら、眺めるだけでなく実際に素手で触れてみて、素足で床や浴槽に入ってみるなどの体験をしてみましょう。同じタイプのお風呂を使用している知人宅などがあれば、使い心地を試させてもらうのも一つの手段です。

・機能性を重視する

お風呂は、入浴さえできればいいと考える方が多いでしょう。ただ、入浴の仕方にも、バリエーションがあれこれ増えてきました。ミストサウナやジャグジーを楽しんだり、お風呂でテレビを観たり、CDを聴いたりすることも可能です。手すりをつけるなど滑りにくい工夫をするだけで、それまで怪我をしないように注意するのが必死だった入浴タイムも、安心できるひとときになります。

このように、お風呂を楽しむための機能と同時に重視しておきたいのが、掃除における機能性。誰でも、掃除は簡単に済ませてキレイになるのが理想でしょう。汚れやカビがつきやすい、すぐに湿気がこもってしまうといった状態では、浴室リフォームの失敗です。入浴の前後にも快適に使用できるようにするのが、浴室リフォームの成功といえます。例えば、浴室の床にクッション性があれば、浴室に足を踏み入れただけで心地よさを感じられます。断熱性が高ければ、ヒートショックの防止に役立つでしょう。水はけがよければ、お風呂場に湿気がこもるのを防いでくれます。

浴室リフォームをDIYする方に多いのが、手すりの設置です。手すり自体は便利なのですが、安全のために付けたはずが簡単にもげてしまった、取り付けに失敗して浴室が傷ついてしまったなどのケースも考えられます。浴室リフォームを業者に依頼する際、手すりを付けるかどうかもあらかじめ検討しておくのが賢明です。ほかにも、浴槽の素材が入浴剤との相性に問題ないかといった点を確認しておきましょう。

・排水管まわりのチェック

浴室のリフォームで忘れてはならないのは、排水管まわりのチェックです。水回りのリフォームとしても重要ですから、ほかの水回りに支障が出ないよう、事前にチェックしておきましょう。まずはヒビや割れが入っていないか、浴室下の排水管を調べてみることが必要です。

建物全体の排水管にも、水漏れしている部分がないかを同時にチェックしておきましょう。基本的には耐水性の高い素材でできている排水管まわりですが、古いマンションなどではサビが付きやすい鉄製の排水管を使用していることもあります。長年蓄積されたサビによって、排水管が破裂しやすくなっていることもあるため、注意が必要です。排水管のチェックを怠ったばかりに、せっかく行った浴室リフォームがわずか数年で台無しとなってしまうケースもあります。あらかじめチェックしておけば、このような事態を防げるのです。

・リフォーム期間中の入浴

一般的に、浴室リフォームにかかる期間は2~7日程度ですが、施工内容や業者によっても、日数は違ってきます。ほかのリフォームも同時に行い、思い切って家を空けてしまう手もありますが、浴室リフォーム施工中も家にいる場合、入浴をどうするかという問題が出てきます。近所にお風呂を貸してくれる親戚や銭湯があればよいものの、そうもいかない場合もあるでしょう。施工期間もなるべく快適に過ごしながら、工事完了を待てる方法を考えておくことが大切です。

【免責事項】 このサイトの情報は2015年9月現在に調査したものです。リフォーム費用などの最新情報は各社の公式HPを確認してください。

まわりん

まわりん

水回りリフォームの妖精まわりんが、みなさんに代わって、工事費が安くて信頼性も高いリフォーム会社を大調査!費用の比較や口コミ評判をしっかり調べていますので参考にしてくださいね。