水回りリフォームガイドホーム  »  費用で選ぶ!浴室・浴槽リフォームなび  »  浴室の汚れの原因、対策は?リフォームで掃除がしやすくなる!
(¥)価格の安い優良リフォーム会社3選
社名 浴室・浴槽 洗面台 トイレ
LIFE
公式サイト
43.1万円 8.7万円 25.2万円
サンリフレプラザ
公式サイト
- 9.4万円 25.2万円
BXゆとりフォーム
公式サイト
73.9万円 12.1万円 -

浴室を綺麗に保つための方法は?リフォームで掃除が楽になる!?

家の中はできるだけ清潔に保ちたいもの。家の中で汚れやすい場所といえばトイレや台所を思い浮かべる方が多いかもしれませんが、浴室もかなり汚れやすい場所です。一日中じめじめしていることも多く、温度も高くなりがちなのでカビも発生します。 ここでは、そんなお風呂場の汚れ対策についてご紹介しましょう。

お風呂の汚れの原因

水垢

普段使っている水道水にはカルシウムやマグネシウムといったミネラルが含まれています。これらの成分が蓄積すると水垢が発生してしまうのです。

皮脂汚れ

皮脂とは、人間の体にある油分のこと。お風呂に入って体を洗ったりすると皮脂がはがれ落ち、床などに落ちます。きちんと流したつもりでもこれらの成分が残っていると皮脂汚れにつながってしまいます。

石鹸カスによる汚れ

石鹸やボディソープの成分が残ることも汚れの原因につながります。例えば、石鹸の成分と水道水に含まれているミネラル分が反応して汚れにつながったり、現在ある汚れと石鹸の成分が反応して汚れが発生したりこともあるのです。

カビ

お風呂場の代表的な汚れといえば、カビによるものです。カビは様々なものを栄養として増殖していきます。先にご紹介した汚れは、それぞれカビの餌にもなるものなので、カビを発生させないためには、カビが発生してから対策をとるのではなく、発生させないための対策をとることが重要だと言えるでしょう。
日頃からこまめにお掃除をし、カビを食い止めることが大切になります。

掃除・お手入れの仕方

どのような汚れなのかによってお手入れ方法を変えてみましょう。 水垢の汚れに対しては酸性の洗剤を使ったり、クエン酸を活用したりする掃除が効果的です。皮脂汚れにはアルカリ性の洗剤や重曹を使うのがおすすめ。

すでに発生している頑固な汚れやカビについてはカビ取り剤を使わなければなりません。 ただ、まだ汚れがついたばかりで、日常的の掃除することを考えているのであれば、中性洗剤を使った掃除も効果的です。 中性洗剤は浴室を傷めにくいため、可能であれば毎日掃除をしましょう。

カビのお掃除方法

カビは根があるため、一度発生してしまうとなかなか落ちません。スポンジなどで擦ってもほとんど変化がないため、諦めている方も多いのではないでしょうか。

ですが、放置してしまうとどんどん増えるため、すでに発生しているカビに対しては強力な塩素系漂白剤などを使って対策を取るのがおすすめです。なお、強力なカビ取り剤を使う際には様々な注意点があるので、製品の注意表示をよく確認した上で使いましょう。

塩素系のカビ取り剤を使ったもののあまり効果がなかったとしても諦める必要はありません。漂白剤と片栗粉を一対一の割合で混ぜ、ペースト状にしたものをカビに塗って10分ほど放置し、濡れたキッチンペーパー拭き取ってから水で洗い流すと更に高い効果が期待できます。ぜひ試してみてください。

換気の重要性

お風呂場に発生するカビは湿気を好みます。そのため、浴室の湿度を下げることも重要だといえるでしょう。

換気扇を回す、窓を開けるなどして浴室内に湿気がたまらないように注意してみてくださいね。また、浴槽の蓋を開けっ放し状態にすると短時間で湿度が高くなりがちなので、お風呂から上がったらすぐに浴槽に蓋をするのもポイントです。

お風呂に入っている時だけ換気扇を回す方もいるようですが、これは換気が十分にできているとはいえません。換気扇はお風呂から上がった後、2時間以上回すのがポイント。ぜひ実践してみましょう。

お風呂上りにお湯をかける

お風呂から上がる際に、シャワーを使って45度以上のお湯を床や壁にかけましょう。お風呂に入っている間に床や壁についてしまった皮脂汚れや石鹸カスを洗い流すことができます。

それだけでなく、カビの予防法を抑えることにもつながるので実践してみてはどうでしょうか。こまめに掃除をするのが難しい場合も、お風呂上りにお湯をかけるくらいならば継続できそうですよね。

可能であれば、そのあとに浴室内に残っている水滴をしっかりと拭き取ると更に効果的です。水垢は水分が残っている場所に発生しやすいので、水垢汚れに悩んでいるのであれば、こちらも実践してみてください。

リフォームすれば掃除がしやすくなる

お風呂場の素材によって掃除しやすいかどうかが変わってきます。お手入れのポイントについてご紹介しましたが、汚れが付きやすい素材を使っている場合はこまめに手入れをしなければ清潔な状態を保てません。

そこで、できるだけ掃除のしやすい素材にリフォームをしてみてはどうでしょうか。例えば、樹脂系の床材は汚れやすいものも掃除がしやすいといった特徴を持っています。

タイルはどうしても間に汚れが発生しやすいのですが、大きなタイルも登場しているのでそういったものにリフォームすると隙間が少なくなり、掃除もしやすくなるでしょう。

他にも水はけが良く、カビが生えにくい素材などもあるため、こまめな掃除ができない方や、現状の浴室で手入れが面倒だと感じている方は思い切ってリフォームを検討してみるのがおすすめです。

特に浴室の素材が劣化している場合、こまめに掃除をしたとしても細かい傷に汚れが入り込んでいて十分に取りきれないこともあります。そういった場合は掃除をしてもなかなかキレイにはならないので、リフォームの方が効果的だといえるでしょう。

リフォームをすると費用が心配…と思っている方も多いかと思いますが、特に汚れが付きやすいのは床です。あまり費用がかけられない場合は、床だけリフォームすることも検討してみるのがおすすめ。

浴室のリフォームは安い床素材を使ったものであれば工賃込みで50,000円~となっているため、検討してみてはどうでしょうか。他、壁や天井まで考えると更に費用がかかりますが、総合的にまとめて同じ会社にリフォームをお願いすると値引きしてもらえる可能性も高いので、相談してみるのがおすすめです。

【免責事項】 このサイトの情報は2015年9月現在に調査したものです。リフォーム費用などの最新情報は各社の公式HPを確認してください。

まわりん

まわりん

水回りリフォームの妖精まわりんが、みなさんに代わって、工事費が安くて信頼性も高いリフォーム会社を大調査!費用の比較や口コミ評判をしっかり調べていますので参考にしてくださいね。