水回りリフォームガイド » 費用で選ぶ!浴室・浴槽リフォームなび » 浴室リフォームのプランニングのポイント

プランニングのポイント

浴室のリフォームを行う前に知っておきたい事柄として、浴室の種類と、プランニングのポイントについて解説しています。

押さえておきたい!浴室の種類とオプション

浴室リフォームの基礎知識

浴室には「在来工法」と「ユニットバス」という、大きく分けて2つの種類があります。

まず在来工法というのは、主に戸建てに多く見られる浴室の種類で、基本的なつくりとしては入念な防水加工が施されていること以外は他の居室と同じ。そのため長く使用すると水漏れの心配があったり、あとは断熱性があまり高くないため冬場は寒いといったデメリットはありますが、好みの材料・材質で浴室をつくることができる点が最大の魅力です。在来工法であれば、浴槽をヒノキにしたり、壁を石張りにしたり、あるいは浴室全体をガラス張りにしたりといったこだわりを実現することができます。

一方のユニットバスというのは、あらためての説明は不要かと思いますが、ユニット(カプセル)状になった浴室を、そのまま浴室スペースにおさめるタイプの浴室。主にマンションやホテルなどで使用されています。

規格化されたユニットを用いるため、在来工法と比べると自由度は劣るものの、断熱性が高く、また手入れも簡単。さらにリフォームという観点で言えば、工期は短く、費用は安く抑えることができる点もまた、ユニットバスの魅力です。そうしたことから最近では、在来工法の浴室からユニットバスの浴室へのリフォームを行うケースが増えているようです。

以上、浴室の種類として在来工法とユニットバスについて簡単にご紹介してきましたが、実はもうひとつ「ハーフユニットバス」というものがあります。

ハーフユニットバスでは、高い防水性が求められる浴槽や床に関してはユニットバスを使用。一方、壁と天井に関しては好みの材料・材質を選ぶことができる。言ってみれば、ユニットバスと在来工法の“いいとこ取り”の浴室というわけです。

浴室の設備を決める

  • 浴槽
    浴槽は、体を温めリラックスするための場所として大切な設備です。空間や安全性、入りやすさなどを考えたうえで種類や素材を選びましょう。浴槽には大きく分けて和式と洋式があり、座った時に肩まで浸かることができるのが和式です。ただし膝を折って入ることになり、水圧で呼吸が乱れたり、心臓に負担をかけたりする恐れがあります。洋式は浅く長い浴槽で、負担は少ないものの体が浮くことがあり、肩まで浸かりにくく、寒さを感じやすいかもしれません。また、立ち座りや出入りはしやすいのですが、滑りやすくなるのがデメリットです。
    素材にはガラス繊維で強化したポリエステル樹脂、ホーロー、ステンレス、人工大理石などがあります。一般的なのはポリエステル樹脂のFRPで、肌触りが良く色も豊富です。ホーローやステンレスは傷やサビに強くなっており、人工大理石はFRP同様の特徴で高級感があります。
  • 壁・床・天井
    ユニットバスには自由度はあまりありません。在来工法で行う場合には、壁や床、天井などに、汚れがつきにくいものや掃除がしやすいものを選ぶことができます。素材はタイルやステンレス、木製などです。風通しが悪かったり湿気が溜まりやすかったりする場合には、耐水性が高く乾きやすいものを選ぶと良いでしょう。
  • 出入り口
    出入り口の扉は、引き戸や折り戸、開き戸があります。ガラスや樹脂系、木製などの素材がありますが、木製は湿気によって劣化しやすいため、注意が必要です。
  • 追い炊き機能
    追い炊き機能は、冷めたお風呂を沸かし直すために便利です。ただ、まったく使わないのなら意味がありませんので、予算とあわせて検討しましょう。
  • 浴室内乾燥機
    比較的新しい機能ですが、雨の日でも洗濯物を干すことができて便利です。新しいものでは暖房やミストサウナの機能がついたものもあります。暖房はヒートショック対策になり、高齢者がいるご家庭には特におすすめです。乾燥機機能や暖房は電気を使うため、導入の際には電気工事が必要となります。

浴室リフォーム業者の選び方

浴室リフォームを失敗しないためには業者選びは慎重に行うことが大切です。新しい浴室への希望や夢はあるでしょうが、それらをすべて受け入れるのではなく、プロの見地で正しい提案をしてくれる業者が必要となります。実績があり、良心的にメーカーや商品を選んで提案してくれる業者を選びましょう。

強引に特定のメーカーをすすめる業者は、そのメーカーからリベートをもらっているかもしれません。また、飛び込み営業で来訪した業者の中には、悪質な業者もいるため注意が必要です。もし知り合いから紹介された業者に依頼する場合は、希望や不満などもきちんと言える関係であるかどうかを十分に検討しましょう。

イメージ

浴室リフォームのプランニングのポイント

浴室リフォームのプランニングのポイントは「設備選び」にあると言っても過言ではありません。さきほど、ユニットバスは在来工法と比べると自由度が低いと述べましたが、とは言うものの、最近のユニットバスはサイズや内装のグレードはもちろんオプションも多種多様で、「プランニング=設備選び」次第では、在来工法に負けないくらいのオジナルの浴室をつくることができます。

プランニングの際、まず決めていきたいのが浴槽の種類です。形は、腰をおろしたときに肩まで浸かる和式にするのか、仰向けで入る洋式にするのか。素材は、保温性と耐久性に優れた繊維強化プラスチック(FRP)やステンレスにするのか、肌触りが良いホーローにするのか、はたまた豊富なバリエーションが魅力の人造大理石にするのか……。

同じく素材ということで言えば、床・壁・天井の素材選びも重要で、たとえば樹脂系の素材であれば、耐水性・保温性ともに高く、また汚れも落ちやすいのでお手入れも簡単です。

そして、浴室の設備として忘れてはならないのが給湯器です。

冷めたお湯を温め直す方法としては、ヒーターやボイラーで加熱する追い炊きと、熱いお湯を新たに継ぎ足すさし湯があるので、浴室のリフォームを行う際には、どちらの方法を希望するかによって、付け替えるべき給湯器も異なってきます。

【免責事項】 このサイトの情報は2015年9月現在に調査したものです。リフォーム費用などの最新情報は各社の公式HPを確認してください。

まわりん

まわりん

水回りリフォームの妖精まわりんが、みなさんに代わって、工事費が安くて信頼性も高いリフォーム会社を大調査!費用の比較や口コミ評判をしっかり調べていますので参考にしてくださいね。