水回りリフォームガイドホーム  »  費用で選ぶ!浴室・浴槽リフォームなび  »  浴室リフォームをするべきタイミングはいつ?
(¥)価格の安い優良リフォーム会社3選
社名 浴室・浴槽 洗面台 トイレ
LIFE
公式サイト
43.1万円 8.7万円 25.2万円
サンリフレプラザ
公式サイト
- 9.4万円 25.2万円
BXゆとりフォーム
公式サイト
73.9万円 12.1万円 -

風呂リフォームの時期を見極めるサイン

水回りリフォームの中でも、とりわけ高額な費用がかかりがちなのが浴室リフォームです。自分が望む設備やインテリアを揃えたい場合には、ある程度の費用がかかります。しかし、浴室リフォームを決意するのは経済的に余裕があるセレブだけとは限りません。

では、何がきっかけで浴室リフォームするのかといえば、実際には必要に迫られて、というケースが多数。浴室の設備や機能が古くなった、故障してしまったなどが、そのタイミングとなったということです。浴室リフォームは家全体の水回りリフォームと合わせて行うのはもちろん、外壁のリフォームを同時に行うとお得なことをご存じでしょうか。タイミングを逃さないように、どのような点に注意しておけばよいかを紹介しましょう。

浴室の故障をチェック

リフォームが必要になってくる時期は、おおよそ決まっています。使用した素材や機能に寿命が来る頃合いが、リフォーム時期の目安なのです。浴室なら10~15年がリフォーム時期の目安。しかし、これはあくまでも標準的な目安です。浴室の使用頻度や使用方法によっては、寿命が縮まるケースもあります。お風呂場に何か故障が起きてしまえば、それはリフォームのタイミングとしては「遅きに失した」ということ。故障が生じて、お風呂に入れない状態で浴室リフォームを依頼するよりは、トラブルを事前に察知し、早めにプロに相談してメンテナンスをしておくことが、快適なライフスタイルにつながります。

ちなみに、お風呂場以外の一般的な水回りも、リフォーム時期を把握しておくとよいでしょう。キッチンやトイレ、洗面所の場合は10~20年がリフォームを考える目安と言われています。浴室リフォームと合わせて施工しておけば、頻繁に家のあちこちをリフォームするという慌ただしい事態も防げます。

浴室の使い心地が低下していないか

浴室は、浴槽でお湯に浸かって、シャワーで髪や体を洗えれば十分という考え方もありますが、入浴を今よりもっと快適に楽しむことも可能です。体を清潔にするための基本的な機能でも、トラブルが生じて使い物にならなくなればストレスになります。快適な入浴タイムにしようという意識がなくても、自然と使い勝手の良さを求めているものなのです。

何年もメンテナンスをしていない浴室に起こりがちなトラブルの代表例に、水漏れがあります。壁や床、浴槽などにヒビが入っていたり、サビが出ていたりすると、汚れや湿気に影響が出てきたり、浴槽に浸かっているうちにドンドン水が流れ出てしまったりといったトラブルに発展するおそれがあります。排水溝の掃除をしても、悪臭がする、水が流れにくいといった問題が生じている場合は、排水管そのものに原因があるかもしれません。さらに、浴室だけでなく脱衣所の使い心地も同時にチェックしてみましょう。

介護に適した浴室かどうか

高齢者や介護が必要な家族がいる場合も、浴室リフォームの必要性が発生します。ただでさえ浴室は滑りやすくなっているため、転倒して怪我をしないよう配慮するリフォームをしておいたほうがよいでしょう。床や浴槽を滑りにくい素材にしたり、壁に手すりを付けたりといったリフォームが基本です。

脱衣所から浴室に入りやすいよう、扉を引き戸にするリフォームも工夫の一つ。車いすで生活している人の使い勝手を改善するために、浴室への間口を広げるなどの検討の余地があります。ヒートショック防止のために、浴室暖房を設置するリフォーム法もおすすめです。

非常時に適した浴室

自然災害の多い日本では、非常時にお風呂に入っている可能性も大いにありえます。自然災害以外でも、お風呂場の中で滑って転倒し、自力では起きられないといった事態が起こることもあります。

万が一のときに、お風呂場から危険を知らせるサインを送れるようにしておくと、家族がつきっきりで見ていなくても安心して過ごせます。入浴に心配のある家族につきっきりになるのは、心配する人のストレスにもなりかねません。家族全員が安心して快適に過ごせるよう、浴室にも安全装置を施工しておくと、もしものときに迅速な対処が可能になるのです。世代を問わず、健康な人でも、浴室で非常事態に遭遇する可能性はあります。備えあれば憂いなしの精神で、浴室リフォームを検討しましょう。

季節に合わせた浴室か

浴室は、大抵ひんやりしているものです。夏場は涼しくてよいものの、冬場にはひんやり感が増して、ヒートショックなどにつながりやすいのがネック。リビングなどの暖房がしっかり効いた部屋から脱衣所に移動して服を脱ぎ、寒い浴室に震えながら入って、早く温まりたいと熱いお湯にザブンと浸かった瞬間、血圧に異変が生じることがあるのです。

浴室をあらかじめ温めておける暖房装置が設置されていれば、ヒートショックの防止対策になるだけでなく、浴室を利用する誰もが寒さを感じずに入浴を楽しめます。また、お風呂場は季節を問わずに湿気がこもりやすい場所ですが、特に梅雨の時期にはじめじめしてカビが発生しやすいです。キレイな見た目を保つのはもちろん、カビは健康にも悪影響をおよぼしますから、湿気対策として浴室暖房乾燥機を設置しておくのも有効です。

ほかの水回り機能の寿命をチェック

浴室リフォームのタイミングは、家のほかの部分の水回りリフォームと同時にすると、メリットがたくさんあります。キッチン、洗面所、トイレ、給湯などのリフォームを合わせて行えば、施工業者によっては料金を割引してくれることもあるのです。

リフォーム期間をバラバラにせず、一気にまとめられる点もメリットの一つ。浴室リフォームをした数ヶ月後に給湯が故障し、一年後にはキッチンの排水に問題が出てきたとなったら、浴室リフォーム時に一緒にリフォームしておけばよかったと後悔することでしょう。浴室リフォームのタイミングには、ほかの水回りリフォームも同時に検討したほうが、長い目で見てお得なのです。

また、納得できるリフォームを行うためには業者選びも大切になります。要望をしっかり聞いてくれる業者であれば安心して依頼することができるでしょう。

【免責事項】 このサイトの情報は2015年9月現在に調査したものです。リフォーム費用などの最新情報は各社の公式HPを確認してください。

まわりん

まわりん

水回りリフォームの妖精まわりんが、みなさんに代わって、工事費が安くて信頼性も高いリフォーム会社を大調査!費用の比較や口コミ評判をしっかり調べていますので参考にしてくださいね。