水回りリフォームガイド » 費用で選ぶ!洗面台・洗面所のリフォームなび » 洗面台・洗面所リフォームのプランニングのポイント

プランニングのポイント

洗面台のリフォームを行う前に知っておきたい事柄として、洗面台の種類と、プランニングのポイントについて解説しています。

押さえておきたい!洗面台リフォームの種類とオプション

洗面台リフォームについて

洗面台は、つくりの違いによって大きく2種類に分けることができます。

1種類目はシステムタイプの洗面台。そもそも洗面台というのは、カウンター台・洗面ボウル・水栓金具・収納キャビネットなど複数のパーツによって構成されているわけですが、これら各パーツの素材や色を自由に選んで組み合わせることができるのがシステムタイプの洗面台です。もちろん寸法(間口)に関しても自由にプランニングすることができます。

これとは対照的なのが、2種類目のユニットタイプの洗面台です。このタイプの洗面台においては、さきほどのカウンター台・洗面ボウル・水栓金具・収納キャビネットといった設備はすべて備え付け。寸法(間口)に関しても、60cm、75cm、90cmなど、あらかじめ決まったサイズでつくられています。

2種類あるとは言え、「洗面台なんてどれも似たようなもの」と思っている方も多いかもしれません。確かに、洗面台の基本的な設備・機能に関して言えばそのとおりなのですが、最近の洗面台にはユニークなオプション機能が次々と誕生しています。そのいくつかを以下にご紹介しましょう。

  • 足元暖房
    脱衣所を兼ねることが多い洗面所において、冬場活躍するのが足元暖房です。通常の床暖房だと暖まるまでに時間がかかりますが、温風を吹き付けるタイプの足元暖房であれば、洗面所のなかはすぐに暖まります。
  • タオルウォーマー
    その名のとおり、洗面所にかけているタオルを温めてくれる機能で、これがあれば、気持ちよく乾いたタオルを常時使うことができます。
  • フットスイッチ
    水を出したいけど、手がふさがっている、あるいは汚れているのでできない、といった場面で便利なのが、このフットスイッチ。足で操作することによって水を出したり止めたりすることができます。
イメージ

洗面台リフォームのプランニングのポイント

洗面台、というよりも洗面所をリフォームする際、プランニングのポイントとなるのはずばり「洗面所の使用目的を明確にすること」です。

なかには、洗面所は洗面所のみとして使用するといった人もいるかもしれませんが、そうした贅沢な使い方ができるのはごく少数派のはず。おそらく多くの家ではスペースの都合上、脱衣所やパウダールーム、あるいは簡単な家事室などと兼用になることが一般的なのではないでしょうか?洗面所をどのように使用するかによって、ふさわしい洗面所のあり方、そしてリフォームのプランニングの立て方というのは当然違ってきます。

まず、もっとも多く想定されるのは脱衣所と兼用のケース。たとえバスマットを敷いたとしても、お風呂から出たあとはどうしても水で濡れやすくなるので、床の素材は耐水性が高いものを選ぶのが肝心です。また、壁や天井の素材に関しては、湿気の高い場所なので防湿効果の高いものを選び高いところです。脱衣所ということで、寒さ対策も併せて施すようにしましょう。

一方、パウダールームと兼用する場合に留意したいのは「光」。お化粧の色味がきちんとわかるように、室内に自然光を採り入れるための窓がぜひほしいところですし、それが難しい場合には、自然光に近い色の照明を導入する必要があるでしょう。

また、これは家事室として使うときも同様ですが、細々とした物がどうしても増えてしまいますので、それを収納するためのスペースを充実させると、気持ちよく使うことができます。

【免責事項】 このサイトの情報は2015年9月現在に調査したものです。リフォーム費用などの最新情報は各社の公式HPを確認してください。

まわりん

まわりん

水回りリフォームの妖精まわりんが、みなさんに代わって、工事費が安くて信頼性も高いリフォーム会社を大調査!費用の比較や口コミ評判をしっかり調べていますので参考にしてくださいね。