水回りリフォームガイド » 費用で選ぶ!洗面台・洗面所のリフォームなび » 洗面台・洗面所リフォームのプランニングのポイント

洗面台の選び方のポイント

洗面台のリフォームを行う前に知っておきたい事柄として、洗面台の種類と選び方のポイントについて解説しています。

押さえておきたい!洗面台リフォームの種類とオプション

洗面台リフォームについて

洗面台は、つくりの違いによって大きく2種類に分けることができます。

1種類目はシステムタイプの洗面台。そもそも洗面台というのは、カウンター台・洗面ボウル・水栓金具・収納キャビネットなど複数のパーツによって構成されているわけですが、これら各パーツの素材や色を自由に選んで組み合わせることができるのがシステムタイプの洗面台です。もちろん寸法(間口)に関しても自由にプランニングすることができます。

これとは対照的なのが、2種類目のユニットタイプの洗面台です。このタイプの洗面台においては、さきほどのカウンター台・洗面ボウル・水栓金具・収納キャビネットといった設備はすべて備え付け。寸法(間口)に関しても、60cm、75cm、90cmなど、あらかじめ決まったサイズでつくられています。

2種類あるとは言え、「洗面台なんてどれも似たようなもの」と思っている方も多いかもしれません。確かに、洗面台の基本的な設備・機能に関して言えばそのとおりなのですが、最近の洗面台にはユニークなオプション機能が次々と誕生しています。そのいくつかを以下にご紹介しましょう。

  • 足元暖房
    脱衣所を兼ねることが多い洗面所において、冬場活躍するのが足元暖房です。通常の床暖房だと暖まるまでに時間がかかりますが、温風を吹き付けるタイプの足元暖房であれば、洗面所のなかはすぐに暖まります。
  • タオルウォーマー
    その名のとおり、洗面所にかけているタオルを温めてくれる機能で、これがあれば、気持ちよく乾いたタオルを常時使うことができます。
  • フットスイッチ
    水を出したいけど、手がふさがっている、あるいは汚れているのでできない、といった場面で便利なのが、このフットスイッチ。足で操作することによって水を出したり止めたりすることができます。

洗面台を選ぶときの流れ

洗面台を選ぶ際には、適切な流れに沿って選ぶことでよりスムーズにリフォームを進められるようになります。各家庭の希望や事情などに合わせて、適切な選択ができるように効率の良い選択の流れを押さえておきましょう。

  • 寸法を測る
    洗面台を選ぶ際に最初に行うべきことは、寸法の計測です。リフォームをする際のサイズ選びに関わってくるため、現在の洗面台の寸法を測りましょう。基本的には今ある洗面台の幅と奥行を測れば洗面台を選べるのですが、化粧台の高さ、洗面ボウルの位置を変えたい場合にはそこも測っておく必要があります。
  • 間口・高さ・奥行
    洗面台の一般的なサイズはある程度決まっており、ユニットを選ぶ場合にはその範囲のなかから選ぶこととなります。基本となる洗面台本体の幅である「間口」のサイズは、60cm・75cm・90cmのタイプがあり、同じタイプを新しくセットすることはもちろんですが、幅に余裕があれば大き目のものを選ぶことも可能です。
    高さは80cmが基本となりますが、使う人の身長に合わせて選ぶこともできます。80cmは身長およそ165cm台の人に向いており、それ以下では75cm、それ以上では85cmのサイズが一般的です。
    奥行は55~60cmと長めのものが主流ですが、洗面所のスペースに合わせてスリムタイプを選ぶ人もいます。
  • 収納タイプ
    洗面台の下部の収納も洗面台交換リフォームでは重要なポイントとなります。バスルームと近いことが多い洗面台は、収納するものが多めです。そのため、使い勝手によって商品を選ぶことで便利になります。
    収納タイプの基本は、扉タイプと引き出しタイプ、スライドタイプがありますが、そのほかにも踏み台が収納されているものや座れるように収納がないタイプなどバリエーション豊富です。
  • ボウルの種類・水栓を選ぶ
    ボウルの種類は傷や汚れの付きにくさ、美観などで選びます。陶器は割れることもありますが、細かい傷が付きにくく長持ち。そのほか、傷は付きやすいもののデザイン性が高く、割れにくい人工大理石、表面がガラス層になっていて傷や酸、アルカリに強いホーローなどがあります。
    水栓は、昔ながらのハンドルタイプ、水量や温度調節がレバーひとつのシングルレバータイプのほか、ハンドシャワータイプ、ビルトイン水栓なども人気です。

機能性を確認することは忘れずに

洗面ルームは、洗顔などの身だしなみを整える場所でもあり、お風呂の脱衣、洗濯などのさまざまな機能を併用しています。そのため、洗面台のなかには機能に特化したものも多いです。特に洗面台がある周辺の機能に合わせて収納を重視する傾向は高くなっており、リフォームでも収納機能が高いものは人気があります。

収納を重視するなら、フロアキャビネットはスライドタイプがおすすめ。スライドタイプのキャビネットは、奥までものが見えやすく、取り出しやすいという長所を持っており、デッドスペースを減らせる構造です。そのほか、上の収納も有効活用できるように昇降式になった収納や下部に収納ボックス兼踏み台となる部分があるものなど、いろいろなバリエーションがあります。

また、鏡の内部などの収納まで工夫を凝らしたものを選ぶことも可能です。こうした収納の場合、仕切りや棚やトレーなどのレイアウトを自由に変えられるものもあります。取り外しができるタイプの棚などは、レイアウトの柔軟性だけでなく、お手入れや掃除のしやすさもあり、衛生的に管理できるでしょう。

水栓や照明では、使いやすさだけでなく省エネなどの条件も組み込めます。また、コンセントを収納部に設置して充電しながら収納しておけるものなどもあるようです。

使い方にあわせて、キャビネットやミラーなどを自由に選んで組み合わせるタイプも人気があります。自宅のスペースや家族の利便性を考慮して、機能を充実させた洗面台を選びましょう。

使い方をイメージすることが大切

洗面化粧台を選ぶには、使い方をイメージすることが重要です。ライフスタイルや家族構成などによって必要な機能は変わります。過不足なく使いこなせるタイプを選ぶようにしましょう。

選択にあたっては、使っている場面を具体的にイメージして、どのような機能を求めているかを考えます。例えば、脱衣室に洗面台を設置する場合では、洗顔や脱衣などを家族がスムーズにできることが大切。家族の人数が多く、朝の身支度時に混雑する場合は、少し大き目の洗面台にするとより快適に使うことができます。

また、安全性や家族全員が使いやすい高さなども考えておきたいものです。洗濯や脱衣室も兼ねている場合、その分の収納スペースを増やし、洗濯機とのレイアウトのバランスも考えるなど、多岐に亘っての調整が必要となるでしょう。

洗面室や洗面台は、家族全員が必ず使うものであり、毎日の暮らしには欠かせません。そのため、一人ひとりのニーズや使い方を具体的にイメージして、必要性の高い内容をリフォームのプランに組み込んでいきましょう。

イメージ

洗面台リフォームのプランニングのポイント

洗面台、というよりも洗面所をリフォームする際、プランニングのポイントとなるのはずばり「洗面所の使用目的を明確にすること」です。

なかには、洗面所は洗面所のみとして使用するといった人もいるかもしれませんが、そうした贅沢な使い方ができるのはごく少数派のはず。おそらく多くの家ではスペースの都合上、脱衣所やパウダールーム、あるいは簡単な家事室などと兼用になることが一般的なのではないでしょうか?洗面所をどのように使用するかによって、ふさわしい洗面所のあり方、そしてリフォームのプランニングの立て方というのは当然違ってきます。

まず、もっとも多く想定されるのは脱衣所と兼用のケース。たとえバスマットを敷いたとしても、お風呂から出たあとはどうしても水で濡れやすくなるので、床の素材は耐水性が高いものを選ぶのが肝心です。また、壁や天井の素材に関しては、湿気の高い場所なので防湿効果の高いものを選び高いところです。脱衣所ということで、寒さ対策も併せて施すようにしましょう。

一方、パウダールームと兼用する場合に留意したいのは「光」。お化粧の色味がきちんとわかるように、室内に自然光を採り入れるための窓がぜひほしいところですし、それが難しい場合には、自然光に近い色の照明を導入する必要があるでしょう。

また、これは家事室として使うときも同様ですが、細々とした物がどうしても増えてしまいますので、それを収納するためのスペースを充実させると、気持ちよく使うことができます。

【免責事項】 このサイトの情報は2015年9月現在に調査したものです。リフォーム費用などの最新情報は各社の公式HPを確認してください。

まわりん

まわりん

水回りリフォームの妖精まわりんが、みなさんに代わって、工事費が安くて信頼性も高いリフォーム会社を大調査!費用の比較や口コミ評判をしっかり調べていますので参考にしてくださいね。