(¥)価格の安い優良リフォーム会社3選
社名 浴室・浴槽 洗面台 トイレ
LIFE
公式サイト
43.1万円 8.7万円 25.2万円
サンリフレプラザ
公式サイト
- 9.4万円 25.2万円
BXゆとりフォーム
公式サイト
73.9万円 12.1万円 -

LIXILの洗面台の特徴と口コミでの評判

こちらのページでは、LIXILの洗面台についてご紹介します。特に人気の高い2モデルで、特徴や違い、口コミでの評判などを解説しているので、洗面台選びの参考にしてください。

ピアラとL.C.の特徴と違い

LIXILの一般的な洗面台は、「ルミシス」シリーズの3種類と、「L.C.」「ピアラ」「エスタ」「リフラ」「オフト」の全8種類が販売されていますが、その中でもミドルクラスとして高い人気を誇るのが、「ピアラ」と「L.C.」の2モデルです。そこで、この人気のモデル2つをピックアップして、特徴と口コミでの評判をご紹介しましょう。

ピアラ

ピアラ引用元:LIXIL株式会社
(http://www.lixil.co.jp/lineup/powderroom/piara/)

家族全員で使える「快適さ」を追求した機能的なベーシックモデル

価格:140,000~370,000円

ピアラは、コンパクトな洗面台ながら大容量のボウルになるように工夫が施されており、外観よりも遥かに使い勝手の良いモデルです。また、取り出しやすい収納スペースを備えており、水回りの清掃が簡単になるように水はけを良くしているため、随所に快適さを感じることができるでしょう。

ピアラのおすすめポイント
【快適さ】
  • 左右非対称で使いやすい大型洗面器
  • ドライパレット
  • ウェットパレット

【収納性】
  • オープンタイプで取り出しやすい収納
  • デッドスペースを失くすスキマ収納

【掃除の簡単さ】
  • 汚れが溜まりにくい排水口
  • 水はけの良い大口径排水口
  • ハイバックガードで汚れにくい

参考:LIXIL|ピアラ

ピアラの口コミと評判

口コミ(イメージ) ピアラを選んだ理由は、デザインと機能性の高さです。これらを両立しているモデルだと感じ、ピアラを購入。実際に使ってみて、ボウルが斜めに傾いているので、水はけがとても良いところが気に入っています。今までよりもお掃除がしやすくなって、価格もリーズナブル。ピアラにしてよかったです。

口コミ(イメージ) この洗面台にリフォームして良かったと感じることは、収納力の高さです。今までの洗面台は収納スペースがなかったので、今回はキャビネットを付けてもらいました。物がたくさんあって煩雑だった洗面台が、一気にスッキリして、見違えるように綺麗になったのが嬉しいです。

L.C.

L.C.引用元:LIXIL株式会社
(http://www.lixil.co.jp/lineup/powderroom/lc/)

お掃除の簡単さにこだわって家事を快適にしてくれるモデル

価格:260,000~530,000円

L.C.は、清掃性、快適さ、節水機能に加え、収納スペースの豊富さを実現しているモデルです。収納スペースが豊富でありながら、洗面所のスペースを有効に活用できるようになっており、空間を広く使いたいという方に適しているでしょう。また、ピアラと比較すると、水栓の快適さが大きく向上しているという特徴があります。

L.C.のおすすめポイント
【快適さ】
  • タッチレス水栓のナビッシュ
  • すぐにお湯が出る即湯水栓
  • 吐水温度を色で知らせるルミナスサイン

【収納性】
  • 大容量のひろびろストッカー
  • 上下段のキャビネットをアレンジ可能

【掃除の簡単さ】
  • 水が溜まりにくいキレイアップ水栓
  • 凹凸のないキレイアップカウンター
  • 汚れが溜まりにくい排水口

参考:LIXIL|L.C.

L.C.の口コミと評判

口コミ(イメージ) 洗面台のリフォームで求めていたものが、収納力でした。L.C.は奥行きが浅めの洗面台なのですが、鏡下の小物が収納できるスペースは大変便利です。今までよりも洗面台周りがまとまるようになって、交換して良かったと思っています。また、お風呂上りに鏡が曇らないように工夫されているので便利です。

口コミ(イメージ) うちはマンションなので、奥行きが500mmのL.C.を選択。今まで狭くて使いづらい洗面所でしたが、以前よりもスペースがかなり広くなり、通りやすくなったので大満足です。ドアもフルスライドを選択したので、奥の方にある物がすっと取り出せるようになって、洗面台の快適性がかなりアップしたと思います。

ピアラとL.C.は対応している間口のサイズが異なるので、洗面所のスペースによっては、「使いたくても使えない」という可能性もあります。こちらでは、対応している間口のサイズを比較しているので、ご自宅の洗面所スペースと照らし合わせてみてください。

ピアラ L.C.
600mm ×
750mm
900mm
1,000mm ×
1,200mm ×

サイズを比較してみると、2モデルで共通しているのは750mmと900mmだけという結果になりました。この2つのサイズは、LIXILでも多くの洗面台が対応しているサイズなので、スタンダードなサイズだということでしょう。その他のサイズを選ぶ場合、洗面台をコンパクトにして空間を広くしたいならピアラ、大きくドレッサーのような洗面台が欲しい方はL.C.を選ぶという選択がおすすめです。

ピアラとL.C.は機能性と使い方で選んで

LIXILの洗面台の中でも、特に高い人気を誇る「ピアラ」と「L.C.」の2モデルをご紹介しました。それぞれ機能性や収納性、おすすめポイントが異なりますが、対応しているサイズも異なっているため、使い方によって選択は大きく変わるでしょう。ご自宅の洗面台をどう使いたいのかを考え、リフォーム業者の方と相談しながら、どちらにするか選んでください。

【免責事項】 このサイトの情報は2015年9月現在に調査したものです。リフォーム費用などの最新情報は各社の公式HPを確認してください。

まわりん

まわりん

水回りリフォームの妖精まわりんが、みなさんに代わって、工事費が安くて信頼性も高いリフォーム会社を大調査!費用の比較や口コミ評判をしっかり調べていますので参考にしてくださいね。