水回りリフォームガイド » 費用で比べる!トイレのリフォームメーカー比較 » トイレのリフォームのプランニングのポイント

プランニングのポイント

トイレのリフォームを行う前に知っておきたい事柄として、トイレの種類と、プランニングのポイントについて解説しています。

押さえておきたい!トイレリフォームの種類とオプション

トイレをリフォームしたいと思ったら

トイレの種類と聞いて真っ先に思い浮かぶのは、和式トイレと洋式トイレかと思います。ただし最近は、和式トイレを使用しているところはあまりありませんし、仮にあったとしてもリフォームを行う際には洋式トイレへの変更を検討するものと思われますので、ここでは洋式トイレに絞って、さらに詳しくトイレの種類について見ていきたいと思います。

洋式トイレのうちもっともポピュラーなのは、便器の後ろ側にタンクが付いた「タンク付きトイレ」です。タンクに水を溜めておくことができるため、設置場所の水圧に関係なく設置することができるのが大きな特徴です。

また、同じ「タンク付きトイレ」でも、タンクの上部に手洗いが付いたものと、手洗いが付いていないものがあり、後者のローシルエットタイプの便器であれば、デッドスペースが少なく、空間をすっきりと見せることができます。

空間をより有効に使いたいのなら、便器にタンクが付いていない「タンクレスタイプ」がおすすめ。ただし、ある程度の水圧がなければうまく流すことができないため、マンションの高層階や、一戸建てでも水圧が弱い場所に設置する場合には注意が必要です。

さらに最近は、便器・手洗い・収納といったトイレに必要な設備がオール・イン・ワンになった「一体型」のトイレも人気を集めています。それ相応のスペースが必要なため、どの家にも設置できるというものではありませんが、一体型であるため、インテリアとしての統一感があり、また掃除がしやすいといったメリットもあります。

排水方式を確認

トイレの排水方式には「床排水方式」と「壁排水方式」の2種類があり、自宅がどちらの方式か事前に確認が必要です。床排水方式は便器の真下にある排水で「戸建て」に多く、壁排水方式は便器の後ろに配水管が見えているタイプで「マンション」などに多く見られます。ただし、床排水のマンションもあるので注意してください。

また、排水芯の位置も確認しておくことも必要です。排水芯はメーカーごとに違うので、実際に測ってみると良いでしょう。床排水では便器と床の設置面のそばにあるキャップから壁までを測り、壁排水は床から配水管の中央までの高さを測ります。

必要な機能を選ぶ

  • 瞬間暖房便座
    瞬間暖房便座では瞬間的に便座を温める機能です。使うとき以外は電力を利用しないため、電気代を無駄に消費せず、効率的に機能を使うことができます。電気を使うため、リフォーム時には室内に電源コンセントの設置が必要となります。
  • 部屋暖房
    トイレルームの快適性を高めるために部屋暖房を検討するのも良いでしょう。部屋暖房は温風でトイレルームを温め、快適な環境を作ります。高齢者がいるご家庭では、暖房の効いた暖かい部屋と寒いトイレの急激な温度変化で起きるヒートショック対策として設置するものよいでしょう。
  • オート開閉
    オート開閉は、自動でフタの開閉を行う機能です。人の動きに合わせて自動で動作してくれます。フタの閉め忘れもなく、便器に手を触れずに用を足せて便利な機能です。
  • 掃除のための機能
    トイレは来客時に見られる場所でもあり、常に清潔に保つために掃除に関する機能も大切です。自動で洗剤の泡で掃除をしてくれる自動掃除や、除菌水、脱臭・消臭機能、また、掃除しやすいフチなし便座など、清潔に保つための様々な機能があるので、検討してみて下さい。

トイレリフォーム業者の選び方

トイレリフォームで業者選びの際は、まず許認可や水道局指定工事店の認定を受けている業者を選びましょう。資格のない業者は技術が不足しており、トラブルを招くおそれがあるからです。また、自分が望むリフォームの実績のあること、自社で工事を行っていることも大切です。というのも、下請け会社には、商品知識や現場の知識のないスタッフがいる可能性があり、下請けに丸投げしてアフターサービスやトラブル対応が遅れる可能性もあるためです。

トイレリフォームには定価というものがないため、消費者としては少しでも安いものを選びがちです。しかし、大幅な値下げをするような業者は注意が必要です。例えば、もとの値段を高くすることで大幅に値下げをしているように見せかけることもあるため、必ず相見積もりをすべきです。また、材料の質や人件費などを削って安くしている業者もいるため、見積もりの金額だけでなく、その内容をしっかりと確認し、不明点があれば問い合わせを行った上で決めることが重要です。

イメージ

トイレリフォームのプランニングのポイント

同じ水回りの設備でも、浴室やキッチンと比べたときに、トイレにはひとつ大きな特徴があります。それは、家族だけでなく、お客さんも利用するということ。すなわち、トイレのリフォームを行うにあたっては、自分たちだけでなくお客さんの視点にも立ったプランニングが必要ということです。

たとえば、トイレのなかに手洗いスペースがあれば、お客さんの立場からすると、手を洗うためだけにわざわざ洗面所まで借りる手間が省けますし、さらに鏡や、小物が置けるスペースもあれば、特に女性のお客さんにとってはうれしいところでしょう。

そして、これはお客さんだけでなく自分たちにも関係あることですが、トイレはやはり清潔でありたいものです。お手入れのことを考えるなら、さきほどトイレの種類のところでもご紹介したような、デッドスペースが少なく掃除がしやすい形状の便器を選ぶというのも一案です。

また、床や壁に関しては、アンモニアに強い素材や、雑菌の繁殖を抑える効果のある素材を選ぶと、見た目だけでなく、気になる臭いも抑制することができます。

トイレのリフォームをプランニングするうえで、もうひとつ大きなポイントとなるのがバリアフリー対応です。

トイレ内はもとより、トイレに続く廊下の段差も解消する。楽に座ったり立ったりできるように手すりを設置する。万が一のときに備えて、扉はスライド式か外開き式のものに交換する。さらには、車いすのまま入れるようにトイレのスペースを広げることができたら、バリアフリー対応としては完璧です。

【免責事項】 このサイトの情報は2015年9月現在に調査したものです。リフォーム費用などの最新情報は各社の公式HPを確認してください。

まわりん

まわりん

水回りリフォームの妖精まわりんが、みなさんに代わって、工事費が安くて信頼性も高いリフォーム会社を大調査!費用の比較や口コミ評判をしっかり調べていますので参考にしてくださいね。