水回りリフォームガイドホーム  »  費用で比べる!トイレのリフォームメーカー比較  »  トイレリフォームの失敗事例をご紹介
(¥)価格の安い優良リフォーム会社3選
社名 浴室・浴槽 洗面台 トイレ
LIFE
公式サイト
43.1万円 8.7万円 25.2万円
サンリフレプラザ
公式サイト
- 9.4万円 25.2万円
BXゆとりフォーム
公式サイト
73.9万円 12.1万円 -

トイレリフォームの失敗事例

事前の確認不足が原因

トイレリフォーム後の快適さを実現するためには、事前の確認が重要です。確認を怠ってしまうと、長く快適にトイレを利用することが難しくなります。

トイレサイズの確認不足は、用を足す時だけでなく清掃時にも不便となる原因です。奥行きがある程度必要なタンク付きのトイレを設置したために、床の清掃のたびに屈みにくく、手が届かない部分ができてしまうことや、男性が立って用を足すのにスペースが足りなくなることもあるでしょう。

床材選びでは、情報が不足していたり確認を不十分だったりすると、リフォーム後の不快感が生じやすくなるものです。トイレと室内の統一感を重視するため無垢材を使ったケースでは、汚れが付きやすく、落としにくくなることもあります。清掃しやすさや汚れにくさといったポイントの見落としは、トイレをキレイに維持できなくなる原因のようです。

ドアの開く方向は、トイレに入る人やそこを通過する人の動線を左右します。トイレ内での移動を快適にするに内開きを避けるのは当然ですが、外開きを選ぶことで廊下を通る人の邪魔になることもあるかもしれません。

また、清掃のしやすさを考えてタイルにしたものの目地汚れが目立った例や、水を流せるように排水口を作ったものの下水のニオイが気になってしまう例なども気になる問題です。さらに、必要がないからといってコンセントを設置せずにリフォームを済ませたことで、将来的に機能を増やせなくなった事例もあります。

打ち合わせ不足によるもの

トイレリフォームでは、業者任せにしたり事前の打ち合わせやデザインの選別を十分に行わなかったりすると、仕上がりに不満が残るものです。打ち合わせが不十分になることで、デザインと家全体とのバランスが悪くなることや、行われると思っていたサービスがないことに後で気がつくなどの問題も起こりやすくなります。

打ち合わせが足りなかったために起こる失敗には、「廊下とのバランスが悪くなってしまった」「業者任せにしたために十分な機能を持ったトイレを選べなかった」などの事例があるでしょう。プロの業者に任せたが、リフォーム内容が不足してしまうこともあります。また、事前に確認を怠ったせいで故障の際のアフターサポートが受けられず、自分で修理の手配をすることになるケースも多いものです。

トイレの機能や設備が影響するもの

トイレのリフォームでは、トイレ自体の機能や設備面の見極めが大切です。デザイン性にばかり気を取られてしまうと後で不便を感じてしまうことになるでしょう。また、機能が高いからといってそれだけで選ぶのも正しい方法ではありません。

デザイン性を追及してタンクレストイレにしたケースでは、新たに手洗いを設置したことで手狭になってしまうことも。タンクレストイレは見た目も良くスタイリッシュですが、最終的には不便になったり狭くなったりして、オシャレではなくなることもあるようです。また、タンクレストイレは水を流す際に電気を使うため、停電時には使えなくなります。意外と見落とされがちなポイントのため確認しておきましょう。

トイレの機能が豊富なものを選んだものの、機能が多すぎることが問題になる事例もあります。高齢の家族が機能を使いこなせず説明が必要になったり、自宅のトイレが自動で流れるために会社や外出先で流し忘れたりしてしまうこともあるようです。また節水や温水洗浄便座、暖房などの機能が付くと費用が高くなるため、自ら後で設置しようとして失敗する方もいます。

高齢化社会においてバリアフリーの環境は重要ですが、必要のないタイミングで実施して後悔する場合も少なくありません。手すりの設置によって狭くなってしまい、高齢者本人から狭くて不便だといわれてしまうこともあります。

業者の質

トイレリフォームは、業者の質によって仕上がりに差が出ることがあります。トイレ自体は工業製品として性能に差はありませんが、実際の設置や壁紙の張り替えなどの技術、トイレットペーパーホルダーの位置の選定といった部分ではそれぞれの業者で違いがあるものです。そのため、安易に業者選んだことでリフォームを失敗してしまうことも珍しくありません。また、アフターケアの対応の良し悪しも業者によって異なるため、事前の見極めが大切です。

知り合いの業者などに頼むケースではトラブルが起こりやすく、泣き寝入りも多いもの。設置してから不具合が出て修理を頼んだものの、直らないという場合もあります。また、修理対応の際の態度が悪いことで、人間関係のトラブルに発展してしまうこともあるでしょう。施行をした業者の技術が悪くて壁紙が剥がれてしまう、さらに指定とは違うものを設置されたといったケースもあります。

トイレリフォームは、それぞれの家の環境やトイレルームの広さなどによって個々に決めることが多いものです。そのため、リフォームの際には慎重な選択や決定が必要となるシーンが増えます。業者のようなプロからの目線ではなくても、自分で確認できることは徹底的に確認をすることが大切です。また、業者選びはリフォームの仕上がりに大きく影響するため、信頼できるところに依頼することをおすすめします。

【免責事項】 このサイトの情報は2015年9月現在に調査したものです。リフォーム費用などの最新情報は各社の公式HPを確認してください。

まわりん

まわりん

水回りリフォームの妖精まわりんが、みなさんに代わって、工事費が安くて信頼性も高いリフォーム会社を大調査!費用の比較や口コミ評判をしっかり調べていますので参考にしてくださいね。