水回りリフォームガイドホーム  »  費用で選ぶ!浴室・浴槽リフォームなび  »  ユニットバスのお掃除がしやすくなる機能を紹介
(¥)価格の安い優良リフォーム会社3選
社名 浴室・浴槽 洗面台 トイレ
LIFE
公式サイト
43.1万円 8.7万円 25.2万円
交換できるくん(サンリフレプラザ)
公式サイト
- 9.4万円 25.2万円
BXゆとりフォーム
公式サイト
73.9万円 12.1万円 -

各社の工夫が光る!お掃除がしやすい機能

ユニットバスのメリットは、ズバリお掃除のしやすさ。これから紹介する各社のユニットバスで使用されている、汚れに特化した機能について解説していきます。また合わせて、お風呂の汚れの原因・特徴についても紹介します。

清掃性と快適性にこだわったLIXILの「キレイサーモフロア」

浴室の汚れは、皮脂汚れが主な原因。この汚れをつきにくくする事に特化しているのが「キレイサーモフロア」です。キレイサーモフロアの表面は特殊な処理が行われており、身体の皮脂汚れだけではなく、カビやヌメリまでも水で流しやすくなっています。また、床面の形状も掃除道具が溝の奥までしっかりと届く形状となっていますので、ゴシゴシと力を入れて…というような事もありません。加えて、独自の中空バルーンを含む断熱層を採用していますので、冬の時期の底冷えにも力を発揮します。

その他「LIXIL」のユニットバスのお掃除がしやすい機能は?

ドアのパッキンに汚れが溜まりやすいので、それを排除し掃除をしやすくした「キレイドア」。排水時のお湯の流れを利用して排水口のゴミをまとめる「くるりんポイ排水口」。そのほかにも 特殊コーディングで水や汚れをはじく「キレイ鏡」があります。それぞれ汚れが溜まりやすい箇所を簡単にお掃除ができる工夫がされています。

目地がないから隅々まで!Panasonic「すみぴかフロア」

Panasonic「すみぴかフロア」は、目地がないので隅々までお掃除できるのが特徴。さらにガラスビーズを混ぜ合わせたフッ素系の特殊シートを床材の上から重ねているので、傷がつきにくいということがあげられます。加えてスポンジが滑りやすくなるように同一方向のグリッドパターンを採用していることから、スムーズな掃除も可能ですし、スミにはパターンがないため、水が溜まりにくい構造。カビの発生も防止します。

その他「Panasonic」のユニットバスのお掃除がしやすい機能は?

すみぴかフロアでは排水溝までを一体化。そのため、排水溝周囲の溝には汚れが溜まりにくい構造になっています。また、その排水溝に採用されているのが、「ささっとキレイ排水口」。髪の毛などのゴミが中央に集まる仕組みになっている(ヘアキャッチャーを採用)ため、掃除がしやすいですし、ステンレス製なのでヌメリも防げます。さらに、採用している「スキットドア」は、これまでカビの温床になりがちだったパッキンを排除し、換気口をドアの上に設置することで汚れにくい構造になっています。

TOTOの代名詞「お掃除ラクラクほっカラリ床」

もはや、TOTOのユニットバスの代名詞といっても過言ではない「ほっカラリ床」。汚れが付きにくい工夫が各所にみられます。例えば、床の表面に特殊処理された親水層は、汚れを落としやすくキレイを保持するのに役立ちます。また、皮脂汚れと床の間に水が入り込みますので、軽くこするだけで汚れが落ちるといった特徴も。さらに、縦横に施された溝は排水溝へと水を誘導する仕組みもあるため、フロア表面に大きな水たまりが残るということもありません。

その他「TOTO」のユニットバスのお掃除がしやすい機能は?

浴槽に採用されている「お掃除ラクラク人大浴槽」は、はっ水・はつ油技術が採用されているので、水も皮脂も弾きお手入れも簡単。その形状もくるっと吹きやすい湾曲型の形状であるほか、フランジをなくしたことで、掃除がしやすくなっています。また、「お掃除ラクラクカウンター」は壁や浴槽から離す浮き島のようなデザインの為、汚れがたまりにくい形状。表から裏面、側面までぐるりとお手入れがしやすくなっています。

まとめ

リラックスしてゆっくりとお風呂に浸かっていても、そこかしこに気になる汚れ。いつもきれいにしておきたいという気持ちがある反面、なかなか時間が取れずに掃除が出来ないということもあります。しかし今では、お掃除が簡単になる様々な機能が付いているユニットバスもありますので、ご検討されてはいかがでしょうか。

まわりん

まわりん

水回りリフォームの妖精まわりんが、みなさんに代わって、工事費が安くて信頼性も高いリフォーム会社を大調査!費用の比較や口コミ評判をしっかり調べていますので参考にしてくださいね。